お知らせ

シンポジウム
DV被害者は永久に逃げ続けなければならないのか
〜加害者プログラムの可能性〜

2018/10/02
【日 時】2018年12月16日(日) 10:00〜17:00 (開場9:30)
【会 場】武蔵野大学有明キャンパス1号館303号教室
      〒135‐8181 東京都江東区有明3‐3‐3
●交通のご案内
りんかい線 国際展示場駅下車 徒歩7分
ゆりかもめ 国際展示場正門駅下車 徒歩6分

【参加費】 8,000円(当日、受付でお支払いください)
【申込方法】 https://goo.gl/forms/kwz46XZCQIGKlvdC3
RRP研究会ホームページ   http://www.rrpken.jp/

【事務局連絡先】 rrpevent1@gmail.com   
*お申込みから10日以内に事務局より確認メールを返信します。
*当日、確認メールをプリントアウトしたもの、またはデバイス上の画面を、受付にてご提示いただきますので、保存してくださいますようお願いします。
*お申込みから10日以上たっても確認メールが届かない場合は、  事務局にメールにてお問合せください。念のため、迷惑メールフォルダ等のご確認もお願いします。

<プログラム>
挨拶       内閣府男女共同参画局暴力対策室 等
第1部 鼎談「これまでのDV加害者への取組」
 司 会 信田さよ子(原宿カウンセリングセンター所長・NPO法人RRP研究会代表理事)
 ゲスト 中村 正(立命館大学教授)
      山口のり子(アウェア代表)
第2部 パネルディスカッション 「今後のDV加害者プログラムの展望」
コーディネーター
     春原由紀(武蔵野大学 名誉教授)
     妹尾栄一(茨城県立こころの医療センター 副院長)
パネリスト
     千田有紀(武蔵大学 教授)
     中田慶子(NPO法人DV防止ながさき 理事長)
     高野嘉之(Ph.D., John Howard Society of Grand Prairie)
第3部 「RRPの10年の歩み・そしてこれから」 プログラムの解説と実際
     森田展彰(筑波大学准教授)
     高橋郁絵(原宿カウンセリングセンター)
     古藤吾郎(NPO法人アパリ) 
     古賀絵子(RRP研究会)

 

アイコンクリックで各データをご覧いただけます。
data data data data data

画像クリックで拡大します。

サイト内検索

gooddo グッドゥ
「ウェルク」の無料支援にご協力ください!

上記gooddoサイトから
サポーター企業にいいね!すると
100ポイントが貯まり、
10円の支援金が「ウェルク」に届けられます。