はじめに

 ドメスティック・バイオレンス(DV)や虐待、人身取引などの暴力は、グローバルな社会問題です。支援者の高齢化や日本社会全体で、これらの問題や現状を共有できていないことで、課題解決を困難にしているケースも多くあります。ウェルクでは、非暴力な次世代社会を目指し、日本人はもとより在住外国人も含めたDV被害者支援の輪を幅広い世代へ伝え、理解と協力を得る事ができるよう取り組みたいと考えます。
 若い世代のオピニオンリーダーの方々と現状を共有し、暴力防止・抑止への理解と支援の輪を広げる為の具体的な取り組みに繋がる意見交換を行います。

  • 暴力被害者支援現場で活動している人たち、ジャーナリストや研究者の方々など、点としての市民の活動をつなぎ、面にして広げていく人たちからのお話しを頂き、ディスカッションを展開します。
  • 暴力、虐待の存在を知ってもらい、多くの方々の関心と認知度をたかめ、暴力の抑止のためにできることについて意見交換、具体的な展開へ向けて考えていきます。
  • 交流学習会、ワークショップを通して新たな共感者や次世代育成について具体的な提案やプランを考えていきます。

 


サイト内検索